土用丑の日にうなぎを食べる理由とは?

土用丑の日にうなぎを食べる由来や理由とは?

夏場土用丑の日になると、うなぎを食べる慣習がありますが、なぜうなぎを食べるのか、その由来や理由について説明をします。

 

土用丑の日とは?

「土用」とは、立春、立夏、立秋、立冬の日の約18日前から1日前までの期間のことを言います。その土用の期間に、十二支の丑の日にあたる日が土用丑の日になります。

 

通常うなぎを食べる土用丑の日といえば、立秋の土用丑の日のことを指します。でも、実際は立春、立夏、立冬前にも土用丑の日はあります。

 

大体1年に平均すると6日程度、土用丑の日はあるそうです。

 

 

土用丑の日にうなぎをたべる由来や理由は?

うなぎを土用丑の日に食べるようになったのは、江戸時代です。平賀源内の発案によって、丑の日にうなぎ屋が店内に「本日丑の日」という張り紙を貼って、繁盛したのがきっかけだと言われています。

 

丑の日に「う」のつく食べ物を食べると無病の恩恵を受けると信じられていたそうです。確かにうなぎは滋養強壮効果が高く栄養満点ですので、この時期にうなぎを食べて体力をつけておけば、病気を予防できそうな感じがしますね。