日本のサプリメントは危険?安全性の問題について

日本のサプリメントは危険?安全性の問題について

日本の製品というと「安心、安全」というイメージがあります。でもサプリメントにおいては、安全性において問題視されていることもあります。日本のサプリメントが問題視されている点について紹介をします。

 

 

成分表示が義務付けられていない。

日本ではサプリメントにどんな成分がどれくらい含まれているのか商品に明記することを義務付けられていません。ですので、メーカーによっては、成分量を企業秘密として公開していないところがあります。

 

そして成分量を明記していなくても、販売戦略のおかげで売れているサプリメントがあるというのが現状です。

 

 

サプリメント検査機関が設けられていない

サプリメントを検査する機関が日本にはありません。ですので、健康上何か問題があるものでも市場に出回ってしまいます。

 

アメリカにはサプリメントの品質を検査する機関がちゃんと設けられており、品質に問題のあるサプリメントは販売を差し止めることができます。

 

サプリメントに何か問題が発覚しても、その商品名やメーカーは公表されません。そのような厚生労働省のサプリメントに対する取り組み方についても、問題視されています。

 

以上、日本のサプリメントについての問題点について紹介しました。

 

そんな日本のサプリメントですが、海外のサプリメントに比べると高価です。ですので、購入するときは海外のサプリメントも視野に入れた方が良いのかもしれませんね。