グリーンスムージーは危険?安全性に関する問題について!

グリーンスムージーは危険?安全性に関する問題について!

最近はテレビや雑誌でも、取り上げられているので、グリーンスムージーを毎日飲む方が増えてきています。でも、実はグリーンスムージーには身体に良いことばかりではなく、危険も潜んでいます。

 

そんなグリーンスムージーの安全性に関する問題について紹介します。

 

硝酸態窒素による身体への影響

生野菜には硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)という物質が含まれています。その硝酸態窒素が体内に取り込まれて、肉、魚、大豆などに含まれるアミンと結合すると、発がん性物質に変わります。

 

 

野菜の栄養は吸収できないことも

野菜の細胞は人間の消化酵素で分解することができない細胞壁で覆われています。一般的に野菜の栄養はこの細胞壁の中に閉じ込められているため、細胞壁を分解しなくては栄養素を体内に取り込むことができません。

 

ですので、野菜はよく口の中が噛んでから飲み込む必要があります。

 

 

有機野菜の葉についた菌に注意

有機野菜の表面に付着している泥や土には身体に有害な菌が潜んでいます。それを水洗いするだけでは危険性が高いので、加熱処理をしたほうがよいという意見もあります。

 

 

過去の日本には野菜を生で食べる習慣はなかった

昔は日本は魚を刺し身で食べることはあっても、野菜を生で食べることはあまりありませんでした。その理由は食中毒になる可能性があるためです。生野菜が多く食べられ始めたのは欧米の文化の影響からです。もともと日本人の体質に生の野菜は合わないという意見もあります。