ダイエットでバストが減ったり垂れないようにキープする方法とは?

ダイエットでバストが減ったり垂れないようにキープする方法とは?

ダイエットしたらお腹周りは痩せなくて、バストが減ったり垂れてしまったという話をよく聞きます。そこで、バストをキープしたままダイエットをする方法について紹介します。

 

 

バストを揺らさない

運動中などにバストを揺らしてしまうと、バストを支える靭帯が伸びてしまい垂れ下がってしまいます。スポーツブラやサラシなどを巻いてバストが揺れないように気をつけましょう。1度垂れ下がってしまうとなかなか元に戻せなくなります。

 

 

たんぱく質をとる

たんぱく質は筋肉や髪や肌を作るのに欠かすことができない栄養素です。たんぱく質が不足すると新陳代謝が悪くなり、太りやすい身体になります。女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を活発にするためにもたんぱく質は必要です。バストアップ効果の高い豆乳や納豆などの大豆製品や肉、魚、卵、乳製品を毎日バランスよく取るようにしましょう。

 

 

お腹や足の部分痩せをする

ウエストや足を細くすることで、バストを強調することができます。ウエストや足を細くするには骨盤を動かす運動が効果的です。骨盤を動かす運動は以下の通りです。

 

  • フラフープ
  • フラダンス
  • モムチャンダイエット
  • 腰回しダイエット
  • オチョダイエット

 

 

極端な食事制限をしない

食事の量を減らすと全身の脂肪とともに胸の脂肪も減っていきます。また筋肉の量も減っていきますので、バストを支える胸の筋肉も落ちてしまい、バストが崩れる原因にもなります。